Hivari モモジュンペイ が語る【くさのねフェス2019】

最終更新日

2019年8月31日(土)

千葉県佐倉市で大型野外音楽イベント【くさのねフェス2019】が開催されます。

 

 

今年で第3回目を迎えるくさのねフェス2019。

 

ジャンルに囚われない楽曲達と、
どこか切なく儚いVo.モモの歌声と詩が特徴の3ピースロックバンド。

 

Hivari Gt/Vo モモジュンペイさん、

くさのねフェス実行委員会

会長 シラハタ ノブユキさん にインタビュー。

 

Hivari モモジュンペイ

左から、Hivari モモジュンペイさん、くさのねフェス実行委員会 会長 シラハタ ノブユキさん

 

第1回は行政主導、第2回は民間(有志による実行委員会)主導で行われた

異例の経歴を持つ くさのねフェス の魅力や今年にかける想いを聞いてきました。

 


 

 

 

――――くさのねフェスには何回目の出演になるんですか?

 

Hivari モモジュンペイさん

 

Hivari としては初めての

くさのねフェス出演なんです。

 

そもそも、フェス自体に出るのも初めてで。

 

1回目2回目と、くさのねフェスを観に行っていて、

3回目はついに出演できることになりました!

 

 

 

ーーーー過去2回、くさのねフェスを観て どんな印象でした?

 

 

正直な話、

観る側のとして強く印象に残っているのは

佐倉でこんなことができるんだ

っていう点ですね。

 

いつも会っている先輩アーティスト達が

出演していて。

 

くさのねフェスでのステージは特別でした。

カッコ良かったですね。

 

 

くさのねフェスのステージで観る

後輩アーティストもカッコ良かった。

 

全体的に素晴らしいイベントだなと感じました。

 

Hivari モモジュンペイ

 

そして、悔しかった。

自分は観客として観ていたわけで。

 

悔しかったです。

 

 

 

ーーーー3回目はアーティストとして出演する側ですね。

 

Hivari モモジュンペイ

 

『やっと』という感じですね。

オファーを頂いて嬉しかった。

 

自分もバンドをやっている身なので、

なんなら1回目の時からステージに立つ姿を

勝手ながら想像していた

そういった意味でも、気持ち的には準備万端でした!

 

Hivari モモジュンペイ

 

Hivariは、他のバンドと比べて、くさのねフェスを外側から見守る時間が長かったバンドですよね。

 

バンド自体が始まったのは2017年10月。

 

1回目くさのねフェスの直後にバンドを結成し、2回目のくさのねフェスも、観客としてステージを観ていた感じですね。

 

地元のバンドでは一番最後だったんですよね、オファーしたのが。

最終まで2,3バンド候補が残っていたんです。

 

今年は出演アーティストの音楽の傾向でオファーをしてた経緯もあり、地元バンドで最後の1組となりました。

 

ちょうどこれから、Hivari 企画でライブが始まるんですよ。

3ヶ月に1回、6月、9月、12月と。

 

Hivari モモジュンペイ

 

そうなんです。これから、自分達 Hivari 企画でライブを行うんです。

 

先輩後輩などの年齢、アーティストの活動拠点が県内、県外だろうと関係なく

純粋にカッコ良いバンドを観てもらう

というコンセプト。

 

その中心にHivariがいたいですね。

それを、サンストでやりたいんです。

 

Hivari モモジュンペイ

 

 

今年のくさのねフェスの出演アーティストの傾向、

正にその音楽シーンの中に、Hivari がいたんです。

 

正直、第2回くさのねフェスの時のHivari 

完成度としては低かった。

 

『この演奏じゃ出演できないでしょ』

って感じでした。

 

半年くらい前から、Hivari に意識付けをする意味もあり、企画の提案をしていたんです。

 

Hivari の課題である演奏力、凄く成長してきました。

演奏のレベルは、かなり上がりましたね。

 

Hivari モモジュンペイ

 

ありがとうございます。

成長期ですね!伸び盛り!

 

 

 

ーーーーもともとご出身は佐倉ですか?

 

Hivari モモジュンペイ

 

そうです!

 

ヤンプラで練習していました。

 

Haloの白井さんの記事の通り、

ヤンプラからのガストが定番コースでしたね。

 

 

もうメチャクチャ行ってましたね、ほんと。

 

ヤンプラって京成側にあるんですよね。

自宅がJR佐倉駅からもっと千葉寄りなんですけど、毎日行ってましたね。ギターかついで。

 

Hivari モモジュンペイ

 

ヤンプライブっていうライブがあるんですよ。

 

超ヘッタクソな演奏して。笑

 

でも友達が観に来ているから、

まぁまぁ盛り上げてくれるんです。

 

それでライブの楽しさを覚えましたね。

 

Hivari モモジュンペイ

 

で、その勢いで、いざライブハウスである

Sound Stream sakura(以下:サンスト)に乗り込むと。

 

サンストでライブをして、

けちょんけちょんなステージを披露してボコボコにされるっていうのが、佐倉の高校生バンドが経験する定番コースですね。笑

 

 

 

ーーーーそもそも、ヤンプラって何なんですか?スタジオ的な?

 

Hivari モモジュンペイ

 

スタジオでもあるんですけど、

なんと言うか、児童館的な感じですね。

 

 

卓球台があったり、小さい子が遊べるゲームがあったり。

その中にスタジオがあって、『高校生も集まる』みたいな感じ。

小学生が卓球やってる横を、ギターをかついだ高校生が通り抜けていく光景です。

 

通っている高校が違っても、そこで仲良くなるパターンが多いですね。

これはサンストも同じ雰囲気がありますね。

 

 

 

 

――――今年のくさのねフェスで、超個人的に『絶対観たいアーティスト』を3つを教えてください。

 

 

ひとつめはユレニワですね

 

対バンしたことがあるんですけど、スゲー良い音楽やっていたなという印象があって。

 

ユレニワは同い年なんですよ。

個人的に思う事としては、『ボーカル力』が凄い。

 

観ておきたいですね、やっぱ。

 

Hivari モモジュンペイ

 

ユレニワは、Hivari の音楽にどこか近いところも感じますし、ゾーンに入り込むじゃないですけど、

とにかくステージが凄いんですよ。

 

これは、なかなか言葉じゃ表せないですね。

 

Hivari モモジュンペイ

 

2つ目は、The Cheserasera

 

去年も観たんですけど、個人的ベストワン。

カッコ良かった。衝撃でしたね。

 

ライブも含め、ボーカルの宍戸さんの立ち振る舞い、男でも惚れちゃう感じですね。渋い。

 

 

そして、最後は Damn Drive

 

本当、彼らとは高校生の頃からの付き合いで。

 

サンストに初めて出演したのも、

確かDamn Driveの企画だったんです。

 

仲が良いのを抜きにしても、Damn Driveは本当に良いバンドだと思うし、

ボーカル力』が俺はスゲー好きなので。

観たいですね。

 

Hivari モモジュンペイ

 

他にもいっぱい、

観たいアーティストはいますけどね。

 

観たいアーティストだらけです。

 

 

ーーーー初出演となるくさのねフェス。どんな思いでステージに挑みますか?

 

Hivari モモジュンペイ

 

1回目2回目、いろんな思いを胸に秘めて、ステージを観ていました。

 

『くさのねフェス楽しいなー』という反面、

出演できなくて悔しい思いもあった。

 

 

ですが、別にそれを今年のくさのねフェスのステージで表現したい訳ではなくて。

 

 

その思いを胸に秘めて、今日まで頑張ってきたHivari を支えてくれたファンの皆さん、友達、家族、そしてサンスト。

 

みんなに恩返ししたいという気持ちが大きいですね。

第一歩目の恩返しですね。

 

あとは、純粋にHivari を知って欲しいですね。

 

 

野外でやるのは、くさのねフェスが初めて。

 

ワクワク感がありますよね。

 

Hivari って、野外似合わないジャンルかと思うんですけどね。笑

 

正直、不安は無いです。

 

『どんな感じになるんだろう』と期待しつつ、

いろいろ考えてステージに望もうと。

 

本当に、楽しみが多いですね。

 

 

Hivari って音が大きいバンドなので、単純に気持ちいいかなって期待しています。

 

どんな感じになるんだろう。

 

化学反応生まれるのかな?

むしろ生ませたいですね。

 

 

 

ーーーー今までHivari を観た事がない方にヒトコトお願いします。

 

 

Hivari って、一見、

とっつきにくい音楽性かもしれない。

 

でも、ちょっとでも興味を持ってくれたら、離しませんよ!

常にそういう気持ちでやっています。

 

とっつきにくい。

それがHivariの良さかもしれないけれど。

 

メロディー、歌詞は、

寄り添おうと思って俺は歌っている。

 

 

届いて欲しいし、届くと思う。

 

掴んだら、離さない。

 

 

佐倉で頑張っているアーティストがたくさんいる。

観て欲しい、知って欲しい。

 

くさぶえの丘は、小学生の頃から何度も行っている場所。佐倉は本当にいい街だと思う。

 

ぜひ、8/31は佐倉市に来てください!

くさのねフェスでお会いしましょう。

 

 

 

 

 

 

Hivari

Ba.ヤマザキユウスケ / Gt/Vo,モモジュンペイ / Dr.サクマユウゴ

 

PROFILE

ジャンルに囚われない楽曲達と、
どこか切なく儚いVo.モモの歌声と詩が特徴の3ピースロックバンド。

・2017年8月
Gt/Vo.モモジュンペイがBa.ヤマザキユウスケ、Dr.サクマユウゴと『Hivari』を結成。

・2018年8月
Hivari 1st.EP 『ふたりのこと』発売に伴い、自主企画をSound Stream sakuraにて行う。

・2019年4月
6月、9月、12月、計3回のHivari自主企画『顕性と潜性』を発表した。

はじめましての『くさのねフェス』
我々Hivariと共に、音楽に浸りましょう。
どうぞ よろしくお願い致します!

 

 

 

 

シラハタ ノブユキ

 

PROFILE

千葉県佐倉市(志津)にて、今年7月で19年を迎えるライブハウスSound Stream sakura代表のシラハタです!そして、くさのねフェス実行委員会 会長となりました。
市制60周年イベントや、初めての民間の実行委員会主催フェス運営に携わり、今年2回目となる、くさのねフェス2019に向け動き始めました。
佐倉市で産まれたフェスを夏の風物詩にしていくべく、クラウドファンディングにて支援の呼びかけ、活動の必要性を伝えています。

くさのねフェス公式サイト:http://sakura-kusanone.com/ 
くさのねフェスFacebookページ:https://www.facebook.com/kusanonefes/ 
シラハタ ノブユキ Twitter:https://twitter.com/nobu_shirahata

 

 

 

 

 

 

「くさのねフェス」とは?

2017年9月3日(日) に誕生した、千葉県佐倉市初の大型野外音楽イベント。
佐倉市主催、会場は、草ぶえの丘で開催され、準備期間約3ヶ月という過密スケジュールの中、約1700 人の来場者が草ぶえの丘を訪れ、夏の終わりのひとときを全29 組の出演者、出店数30 店舗の関係者と一体となって過ごす、素晴らしいイベントとなりました。
2018年は、有志による実行委員会に運営が移り、規模も拡大して3ステージに42組の出演者が登場。チケット有料化、そしてあいにくの雨模様にもかかわらず、約1500人の来場者が訪れました。

 

そして、今年2019年も開催決定!

 

チケット先行発売はクラウドファンディングで!

※2019年6月26日(水)午後11:00まで

 

 

くさのねフェス2019 概要

日時:2019年8月31日(Sat)
会場:佐倉 草ぶえの丘
主催:くさのねフェスティバル実行委員会
共催:佐倉市
後援・協力:(公社)佐倉市観光協会 / 佐倉商工会議所 / 島村楽器(株) / タワーレコード / ケーブルネット296 / 新星堂 / (株)伊藤楽器 / (株)ふくろうエフエム / bayfm / TSUTAYA佐倉店 / 千葉県商工会議所青年部連合会 / 千葉テレビ放送(株)

クラウドファンディングも実施します!
期間:2019年3月28日(Thu)~6月26日(Wed)
https://readyfor.jp/projects/kusanonefes2019

 

くさのねフェスティバル実行委員会

くさのねフェスティバル実行委員会 事務局
(Sound Stream sakura内)
TEL:043-463-5963(15:00〜22:00)

 

 

 

 

 

あなたの身近な佐倉には、どんなスポットがあるかな?

アイコンをクリックすると、さくらぶの記事に飛べるよ☆

▼さくらぶ マップ はコチラ▼


▼LINE で たまーに 情報をお届けしています。▼

たまーに しか配信しないので、お気軽にご登録ください。

友だち追加

▼取材先を絶賛募集しています▼


シェアする