CHERRY NADE 169 が語る【くさのねフェス2019】

2019年8月31日(土)

千葉県佐倉市で大型野外音楽イベント【くさのねフェス2019】が開催されます。

 

 

今年で第3回目を迎えるくさのねフェス2019。

 

吉祥寺発渋谷育ち『クスクス』や『キュン』をスクリーンショットする、メロウラップなギターロックバンド

CHERRY NADE 169 にインタビュー。

 

左から 岡田ぴのりさん(Dr)/ くさのねフェス実行委員会 会長 シラハタ ノブユキさん / 滝澤大地さん(Vo/Gt)/ 秋山貴英さん(Ba)

 

第1回は行政主導、第2回は民間(有志による実行委員会)主導で行われた

異例の経歴を持つ くさのねフェス の魅力や今年にかける想いを聞いてきました。

 


 

 

――――くさのねフェスは今年で何回目?

 

 

 

今年が初めて!

 

呼んで頂いて、ありがとうございます!

今から楽しみですね~

 

 

――――夏フェスには、よく出演する?

 

 

ん~、

そんなに経験はありませんが、

サーキットフェスには良く出演しますね。

 

今年はムロフェス

くさのねフェスに出ます!

 

 

――――個人的にフェスは行く派?

 

 

スゲー昔にサマソニに行ったくらいやなぁ・・・。

めっちゃ好きな海外のアーティストが来た年で。

 

今年またサマソニ行こかなと思ったんやけど、

目当てのアーティストが来る日に

なんと弾き語りのライブを入れていて。笑

 

残念ながら今年も行けなそうなんです。

 

なので今年は

くさのねフェスとムロフェスで燃え尽きます!

 

 

 

――――ライブハウスとフェスは違う?

 

 

ただただ気持ちが良いですね。

 

フェスの会場は開けているので、

開放感が違いますよね。

 

 

音もやっぱり変わってくるし、

全部がポジティブに捉えられる。

 

ここが野外フェスの魅力ですね。

 

テンションが上がります!

 

 

ライブハウスだと、当然壁があるので

音が返ってきますよね。

 

野外フェスだと音の跳ね返りが無い。

どこまでも飛んでいく。

 

そこが気持ち良いですよね。

 

 

あと、これは観る側の意見なんやけど

 

昼から夕方を経て、夜になっていく。

この瞬間って、凄く綺麗やないですか?

 

だんだんと夜になると照明が際立ってくる。

あの瞬間は、観ている側にとって

たまらないですね。

 

 

――――バンドを結成してどのくらい?

 

 

結成して12年ですね。

 

その前から活動していましたが、メンバーが変わったり、いろいろありましたね。

ボーカルが俺に変わってから12年。

 

 

ーーーー都内をメインに活動?

 

 

そうですね。

 

QLTONE

Halo at 四畳半

月がさ

アシタカラホンキ!

などなど、

 

Sound Stream sakura(以下:サンスト)に

よく出演しているバンドと親交が深いんです。

 

 

サンストって、バンドに対して熱い気持ちが強いんですよね。

 

熱い気持ちをシラハタさんが持っているというのは、都内で活動している僕たちにも伝わってきた。

 

 

そういうバンド達が、くさのねフェスに燃えているという事実が

とても「しっくり来た」んですよね。

 

バンドと、フェスが

お互い切磋琢磨している。

 

それが、素晴らしい

くさのねフェスという1日になっている。

 

 

まさに、人が作るイベント。

 

今年、そのステージに立つことができる。

凄くワクワクしています。

 

 

――――今年のくさのねフェスで、超個人的に『絶対観たいアーティスト』をそれぞれ3つ教えてください。

 

 

ん~

どのアーティストも観たいので迷いますが

 

まずは サスケ

 

小学生、中学生くらいの時に

「青いベンチ」が流行っていて。

 

そのアーティストがくさのねフェスに出演する。

同じ舞台に立つことができる。

 

凄い楽しみですね。

 

 

そして、The Cheserasera

 

個人的に好きなんです。

 

この前、ツアーの時に

仙台で対バンして。

 

自分の中で衝撃でした。

3ピースバンドの中で最強だと思っていて。

 

曲も個人的に凄く好きなものばかりで。

野外で聴けるのは楽しみです。

 

 

KAKASHI

 

ほぼ同世代なんです。

 

去年くさのねフェスに出演していて。

 

同世代のバンドが

「どんなライブをするんだろう?」

って気になりますね。

 

自分達がくさのねフェスに行くのが初めてなので

彼らが、いつも通りライブをするのか

いつもと違うKAKASHIが観られるのか。

 

そのあたりに注目ですね。

 

 

俺は、まず 中村 中 さん

 

学生時代、確か自分が高校生の頃だったかな。

本当に良く聴いていましたね。

 

アルバイト先でもめちゃめちゃ曲が流れていたし。

 

今回、ぜひとも観たいアーティストです。

 

 

そして、LUNKHEAD

 

この間、ブログを見てから

ライブが気になりますね。

 

実はLUNKHEAD、あんまり知らなくて。

 

結構前に1度ライブを観たことがあるのですが

くさのねフェスで観るのが久しぶり。

 

どんなステージになるか、ぜひ観たいです。

 

 

もう1つは、明くる夜の羊

 

この前、ミュージックビデオをリリースしましたよね?

 

Twitterで発見したのですが、

それが凄く良くて。

 

新しいバンドなので

どんなライブをするか楽しみです。

 

 

Halo at 四畳半

 

くさのねフェスの写真で彼らは、

「凄く良い顔」

をしていたんですよね。

 

すっげー良い顔で、楽しそうに演っている。

 

地元のバンドがたくさん出演する中で

Halo at 四畳半がくさのねフェスに出演している姿を

生で観てみたい。

 

 

そして、唱頂の大員

 

千葉でも対バンしたり、横浜でも対バンしたり

少し前まではよく一緒に行動していたバンド。

 

ベースプレイがめちゃめちゃ好きなんです。

 

また久々に共演できて嬉しいなぁと思います。

 

 

そしてそして

WOMCADOLE

 

WOMCADOLEの

「あの感じ」

を野外で観れるなんて!

 

楽しみですし、どんなステージになるんですかね?

 

ぜってー飛び出すだろ!

なんて思っちゃいます。笑

 

 

音楽のジャンルやらの違いで

なかなか、フェスじゃないと共演できないアーティストもたくさんいるので

くさのねフェスは本当に楽しみですね!

 

 

 

――――今年のくさのねフェス、どんな思いでステージに?

 

 

フェスでは、様々な方が観に来て

いろいろな楽しみ方がある中で

 

CHERRY NADE 169のライブも

観ている方それぞれの楽しみ方に合った時間になれば良いと思います。

 

 

 

ぜひ、バンド名を覚えて帰って欲しい。

 

ベースの名前ではなく。

 

 

俺たち CHERRY NADE 169 のライブを観たらわかります。

 

 

 

ベースの名前が勝つか

バンドの名前が勝つか。

 

 

 

そこが、CHERRY NADE 169 の見どころです!

 

 

くさのねフェスのステージでお待ちしています。

素敵な1日にしましょう。

 

 


 

CHERRY NADE 169

 

 

岡田ぴのり(Dr)/ 滝澤大地(Vo/Gt)/ 秋山貴英(Ba)

 

PROFILE

吉祥寺発渋谷育ち『クスクス』や『キュン』をスクリーンショットする、メロウラップなギターロック。

2018年6月、fruits E.P『檸檬』の発売以降、MURO FES 2018出演など、 ビッグイベントに 名を連ね、更に活動の幅を広げてきている。 2018年10月から、3ヶ月連続サブスクリプション限定配信で新楽曲を発表し、 満を辞して2019年4月3日にNew mini album『Newmour!』(ニューモア)をリリースした。

 

“君と僕の日常に栞のように挟まれる生活の擬音語と擬態語。 そんなパッと咲いてサッと散る桜のような瞬間を切り取って保存する。 全米が泣くような映画じゃないから、ストーリーはフロウなリリックで。 クラシックって柄じゃないから、挿入歌はギターがかっこいいバンドサウンドで。 キャプチャーされた場面を紡いでいく物語の音楽。”愛と勇気とユーモアをあなたに、くさのねフェスでお会いしましょう。

 

 

 

シラハタ ノブユキ

 

PROFILE

千葉県佐倉市(志津)にて、今年7月で19年を迎えるライブハウスSound Stream sakura代表のシラハタです!そして、くさのねフェス実行委員会 会長となりました。
市制60周年イベントや、初めての民間の実行委員会主催フェス運営に携わり、今年2回目となる、くさのねフェス2019に向け動き始めました。
佐倉市で産まれたフェスを夏の風物詩にしていくべく、クラウドファンディングにて支援の呼びかけ、活動の必要性を伝えています。

くさのねフェス公式サイト:http://sakura-kusanone.com/ 
くさのねフェスFacebookページ:https://www.facebook.com/kusanonefes/ 
シラハタ ノブユキ Twitter:https://twitter.com/nobu_shirahata

 

 

 

 

 

 

「くさのねフェス」とは?

2017年9月3日(日) に誕生した、千葉県佐倉市初の大型野外音楽イベント。
佐倉市主催、会場は、草ぶえの丘で開催され、準備期間約3ヶ月という過密スケジュールの中、約1700 人の来場者が草ぶえの丘を訪れ、夏の終わりのひとときを全29 組の出演者、出店数30 店舗の関係者と一体となって過ごす、素晴らしいイベントとなりました。
2018年は、有志による実行委員会に運営が移り、規模も拡大して3ステージに42組の出演者が登場。チケット有料化、そしてあいにくの雨模様にもかかわらず、約1500人の来場者が訪れました。

 

そして、今年2019年も開催決定!

 

 

くさのねフェス2019 概要

日時:2019年8月31日(Sat)
会場:佐倉 草ぶえの丘
主催:くさのねフェスティバル実行委員会
共催:佐倉市
後援・協力:(公社)佐倉市観光協会 / 佐倉商工会議所 / 島村楽器(株) / タワーレコード / ケーブルネット296 / 新星堂 / (株)伊藤楽器 / (株)ふくろうエフエム / bayfm / TSUTAYA佐倉店 / 千葉県商工会議所青年部連合会 / 千葉テレビ放送(株)

 

オフィシャルWEBサイト:https://sakura-kusanone.com/

 

くさのねフェスティバル実行委員会

くさのねフェスティバル実行委員会 事務局
(Sound Stream sakura内)
TEL:043-463-5963(15:00〜22:00)

 

 

 

あなたの身近な佐倉には、どんなスポットがあるかな?

アイコンをクリックすると、さくらぶの記事に飛べるよ☆

▼さくらぶ マップ はコチラ▼


▼LINE で たまーに 情報をお届けしています。▼

たまーに しか配信しないので、お気軽にご登録ください。

友だち追加

▼取材先を絶賛募集しています▼


シェアする