ユレニワ が語る【くさのねフェス2019】

最終更新日

2019年8月31日(土)

千葉県佐倉市で大型野外音楽イベント【くさのねフェス2019】が開催されます。

 

 

今年で第3回目を迎えるくさのねフェス2019。

 

2016年3月に結成された千葉県出身のロックバンド

ユレニワ

くさのねフェス実行委員会

会長 シラハタ ノブユキさん にインタビュー。

 

ユレニワ

宮下レジナルド Ba&Cho / シロナカムラ Vo&Gt

RENJU Drs&Cho / 種谷佳輝 Gt&Cho

 

 

第1回は行政主導、第2回は民間(有志による実行委員会)主導で行われた

異例の経歴を持つ くさのねフェス の魅力や今年にかける想いを聞いてきました。

 


 

 

ユレニワ

 

ど~~も~~

ユレニワで~~~す!

よろしくお願いしま~~~~~す!!

 

 

 

 

――――昨年末に行われた、総応募数約1,000組『MASH FIGHT! Vol.7』でグランプリを獲得した心境はいかがですか?

 

ユレニワ シロナカムラ
シロナカムラ Vo&Gt

 

嬉しいです。

何より『嬉しい』というのが大きいけど、

当初はMASH FIGHT!に応募する事に対して、

執着してはいなかった。

 

もちろん、本気でやったから

優勝できたのだとは思うのですが

ユレニワにとっては通過点にしか過ぎない

という気持ちが強い。嬉しいけど。

 

 

 

ユレニワ 種谷佳輝
種谷佳輝 Gt&Cho

 

一回、投票で落ちているんですよ、僕ら。

落ちたバンドの中から、敗者復活的な枠があって。

 

5月とか完全に諦めていたもんね。

こりゃダメだって。笑

 

10月くらいになって、いきなり

「おめでとうございます!セレクトされました!」って連絡が来て。

 

えっ、何が何が??今更?!

みたいな感じでした。

 

ユレニワ

 

そんなのが優勝してしまい、すみませんでした。

すみませんでした。

 

 

 

――――去年のくさのねフェスが初出演でしたが、どんな思い出がありますか?

 

シロナカムラ Vo&Gt

 

天候が、ちょっと崩れてきて、雨が降ってきた。

機材に雨が掛からないようにシートを被せたり

フェスならではの状況ですよね。

 

だけど、俺たちユレニワのステージ。

 

 

セットリストの一番最後の曲の時、

 

光が差し込んできた。

 

 

 

俺たちは天才だなと。

 

あれは自分達の力だと確信しましたね。

マンガみたいな事が起きるんだと思いました。

 

 

 

 

 

ユレニワ RENJU

【RENJU Drs&Cho】

 

えっ、

みんなそれ覚えてんの?

くさのねフェスは、メシが美味かったな~としか。。。

 

 

ユレニワ

 

お前、覚えてないのかよ?

ドラムは一番後ろで屋根あるから、

天気とか関係ないもんな。

 

 

【RENJU Drs&Cho】

メシ、超美味かったよね!

 

【種谷佳輝 Gt&Cho】

俺はオムライスが美味しかったなぁ。

 

【シロナカムラ Vo&Gt】

ハンバーガー凄い美味しかったなぁ。ライブ終わって疲れて食べて、メチャクチャ元気になった記憶がある。

 

【宮下レジナルド Ba&Cho】

俺は、、、焼き鳥!焼き鳥!!

 

 

 

 

 

 

 

【RENJU Drs&Cho】

俺、その3つ全部食べたわ。

一人で!

 

オムライスもハンバーガーも焼き鳥も。

クオリティが凄かったよね!

 

ユレニワ

 

ふざけんなよ!お前大富豪かよ!

 

一番くさのねフェスを満喫してるじゃん。

だからメシの話しか覚えてないんだよ!

 

 

 

 

 

――――くさのねフェス、かなり満喫されたみたいですね。

 

ユレニワ シロナカムラ
シロナカムラ Vo&Gt

 

くさのねフェスに呼んで頂いて、爪痕を残したかったんですよね。

 

くさのねフェスにとって、良い形に転ぶようなライブがしたいと思っていたので。

 

天候がちょっとでも良くなったら、フェスとしても良い事ですよね。

そういう嬉しい気持ちがあったなと思う。

 

 

 

 

――――爪痕を残すといえば、くさのねフェス応援動画。あれはどうしちゃったんですか?

 

 

▼その動画はコチラ▼

 

 

【シロナカムラ Vo&Gt】

えっ、何ですかね。

何だろう。。。

 

何て説明したら良いんだろう。。。

 

【種谷佳輝 Gt&Cho】

あー、話題のこの部分ですね。

 

 

Halo at 四畳半 白井將人さんのインタビュー記事にて

 

ボーカルがMCで「俺らは、Halo at 四畳半の前座じゃねぇ」って言ってさ。笑

物議を醸したMCがあった。

そん時は、『こいつら、一体どうなってんだ!』って感じで。

 

▼詳しくは▼

 

 

【シロナカムラ Vo&Gt】

自分ではよくわからないですけど、Halo at 四畳半が嫌いだから言った訳ではない。

 

それは間違いない。

 

くさのねフェスの『トリ』はHalo at 四畳半。

メジャーデビューしたアーティスト。

 

ユレニワ シロナカムラ

 

ユレニワが、いつか超えなきゃいけない壁なんです。

 

ペコペコしている人、多いじゃないですか?

 

変にトガれって意味じゃないですけど、

ペコペコし続ける事で『味方にしたい意思』を出すことが嫌いなんですよね。

 

『超えてやる壁だ!』という意味で言いました。

 

決して、Halo at 四畳半が嫌いだから言った訳じゃない。

 

いつか超えたい、アーティストだから。

 

あのMCの一件で、Halo at 四畳半と亀裂が入ったとか全然ないですよ。

 

Halo at 四畳半は、凄くやさしく接してくれる先輩だから。

『なんて良い人たちなんだろう』って思いますもん。

 

 

――――野外フェスにはよく出演するんですか?

 

ユレニワ 宮下レジナルド
宮下レジナルド Ba&Cho

 

【宮下レジナルド Ba&Cho】

 

頻繫では無いですが、何度か経験していますね。

 

野外フェスならではの、開放感。

演奏していて楽しいですよね。

 

音が、反射しない。

イキっぱなし。

 

一言でまとめるなら、メチャクチャ楽しかった!

 

 

――――ユレニワが考える、ライブハウスとフェスの違い

 

ユレニワ 種谷佳輝
種谷佳輝 Gt&Cho

 

【種谷佳輝 Gt&Cho】

自分も、お客さんの立場でライブハウスに良く行くんですよ。

お金払ってチケット買って。

 

そうすると、どうしても出ちゃいますよね。

『全バンド観る事が義務』のような感じ。

 

 

フェスって、自由だから。

 

バンドを全く見ない時間、川辺でお喋りしている時間も楽しい。

そういった意味では全然違いますね。

 

会場が大きい分、『ゴリゴリの音楽好き』という人が楽しめるのはもちろん、『普段はあんまりライブとか行かないな』という人でも1日楽しめる。

フェスって素晴らしいですよね。

 

 

――――普段は千葉市が拠点のユレニワ。佐倉市のイメージは?

 

 ユレニワ RENJU
RENJU Drs&Cho

 

【RENJU Drs&Cho】

ホントに何も知らない時のイメージですけど。

 

佐倉の人は千葉の事が嫌いという文化があるのかなぁと。

 

佐倉と千葉と柏、この3つには壁があるんじゃないかと勝手に思ってました。

 

 

そんなイメージがあったので、

くさのねフェスへの出演オファーを頂いた時には、めっちゃ違和感がありましたね。

 

でも、出演してみて考え方が変わりましたね。

勝手に壁を作っていたのは、こっちだった。

 

 

【シロナカムラ Vo&Gt】

たぶん、この感じって、ユレニワだけじゃ無いと思うんですよね。

他のバンドも『壁なんか無かった』って感じていると思う。

 

【RENJU Drs&Cho】

最初はドキドキしたよね。

 

なんて言えば良いのかなぁ、

イビられたら嫌だなみたいな。笑

 

そしたら、みんな良い人たちで。

別に困っている訳でもないのに、

やさしく接してくれて。

 

 

 

【シロナカムラ Vo&Gt】

それこそ、Sound Stream sakura(以下、サンスト)のシラハタさんとか

「イイゼ」って感じで受け入れてくれて。

 

初めてサンストに出演した時ですよ。

 

めちゃくちゃ熱い、普通に感動しちゃうレベルでしたね。

 

最初は、まさか仲良くしてくれるとは思っていなかった。

 

 

――――今年のくさのねフェスで、超個人的に『絶対観たいアーティスト』を3つ教えてください。

 

ユレニワ

 

【シロナカムラ Vo&Gt】

どのアーティストも観たい、もちろん観たいけど

3つに絞れって言われたらなぁ。

難しい選択だけど

 

サスケ

Halo at 四畳半

Damn Drive

 

この3つ!!

 

 

【他3名】

おいっ!

かぶっちゃったよ~!!

 

 

【RENJU Drs&Cho】

俺なんて3つとも丸カブりだよ!

 

 

【宮下レジナルド Ba&Cho】

俺は2つカブり!

サスケ

Halo at 四畳半

Organic Call

 

 

【種谷佳輝 Gt&Cho】

俺も2つカブり!

サスケ

Damn Drive

The Cheserasera

 

ちょっと待って、俺だけHalo at 四畳半を入れてないから

また白井さんに怒られるパターンじゃん!!

 

 

【シロナカムラ Vo&Gt】

Halo at 四畳半の白井さんが

怒るところ想像できるか?

 

「なんでHalo at 四畳半を選ばないんだよ!」

 

なんて絶対言わないでしょ!笑

 

 

――――それぞれのアーティスト、どんなところが観たいですか?

 

 

【RENJU Drs&Cho】

サスケがくさのねフェスに出演すると聞いた時、衝撃が走りました。

 

だって、思わないでしょ?

同じフェスに出演するんだよ?

 

あのサスケ?ってなって、一回調べたもん。

 

「違うっしょ、違うサスケっしょ」

って思って調べたら

マジのサスケじゃんって!

 

『この声が枯れるくらいに 君に好きと言えばよかった』のサスケじゃん!

 

サスケは問答無用で観たいですよね。

 

ユレニワ RENJU
RENJU Drs&Cho

 

Halo at 四畳半については、

個人的に『リバース・デイ』という曲が

めちゃめちゃ好きなんです。

 

ライブにも良く行っているんですよね。

 

去年見た『リバース・デイ』が凄くて。

 

Halo at 四畳半の地元で。。。

言葉じゃ表せないんですけど。。。

ぐっっと来るモノがある。

 

それで、今年。

きっと超えてくると思う。

 

どんなライブをするんだろうって、凄く楽しみ。

 

 

Damn Driveを観たい理由は、

もともと千葉に同世代のバンドがあまりいなくて。

 

佐倉のバンドで初めて仲良くなったのが

Damn Driveなんです。

企画に呼んでもらったり、

一緒にライブをするようになって。

 

彼らのステージって、

凄いカッコイイんですよね。

 

特にくさのねフェスでのDamn Driveのステージがめっちゃ良くて。

去年、ユレニワの前がDamn Driveだった。

 

「やるぜ、バーーッッン!!」

みたいな凄い勢い。

 

そう、勢い。

そのカッコ良さがDamn Driveにはあって。

 

くさのねフェスでも確実に爪痕を残している。

負けたく無いなと思っています。

 

 

【宮下レジナルド Ba&Cho】

中学の時、父親がサスケを聴いていた思い出がありますね。

車の中でよく聴いていました。

 

そんなアーティストがくさのねフェスに出演すると!

これは観なきゃ、絶対観たい!

 

ユレニワ 宮下レジナルド
宮下レジナルド Ba&Cho

 

前回のくさのねフェスで、うちのRENJUと一緒にHalo at 四畳半を観て。

 

地元でやるHalo at 四畳半ってこんなに凄いんだと思った。

もうメチャクチャ格好良かった。

 

いつものHalo at 四畳半より5割増しでしたね。

 

今年もくさのねフェスに出演するって聞いて、前回を超えてくるだろうなと。

 

俺たちも地元でやる事が多いから、そのくらい格好良くならないといけないなと。

 

自分達と照らし合わせてましたね。

Halo at 四畳半のステージを観ながら。

 

宮下レジナルド Ba&Cho

 

それと、Organic Call。

渋谷のクロールで対バンした時に初めて観てビビりました。

 

こっ、こんなカッコ良いバンドがいるんだ!

 

Organic Callは佐倉がホームだと言っていて

Halo at 四畳半と同じように、ホームでのOrganic Callは5割増しになるのか

それとも6割増しなのか、凄く楽しみ。

 

 

【種谷佳輝 Gt&Cho】

俺、ギターを始めたキッカケがお兄ちゃんの影響。

 

そのお兄ちゃんが弾いていたのがサスケだったんです。

まさに青いベンチとか。

 

フォークソングの本には絶対載ってますもんね。

 

ユレニワ 種谷佳輝
種谷佳輝 Gt&Cho

 

Damn Drive。

知り合う前から佐倉のバンドだっていう認識は昔からあって。

 

初めて観たのはどこだったかな?

新宿マーブルだったかな?

 

そん時もカッコ良かったんですけど、数か月後にサンストで対バンした時。

 

その日のトリがDamn Driveで。

 

メチャクチャカッコ良かった。

 

やっぱ佐倉でやると6割増しになるみたい。

くさのねフェスのステージが楽しみですね。

 

 

最後はThe Cheserasera。

去年のくさのねフェス、The Cheseraseraの出演は夕方から夜にかけての時間帯だったんですよね。

 

その時の、音、曲、演奏力。

うっとりしましたね。

 

去年のくさのねフェスでは、

The Cheseraseraのファンになって帰ってきました。

 

今年、どんなステージを観せてくれるのか、

ワクワクしますね。

 

 

【シロナカムラ Vo&Gt】

サスケは、メンバー全員同じですよね。

少年の時期に良く耳にしていたアーティスト。

 

4人ともライブは観た事が無いんです。

だから、生で観たいなと思います。

 

ユレニワ シロナカムラ
シロナカムラ Vo&Gt

 

去年、くさのねフェスで観ていたHalo at 四畳半。

そこから、1年経ったHalo at 四畳半。

 

また違った姿を、きっと観せてくれると思うんです。

いち音楽リスナーとして楽しみにしています。

 

そして、去年のHalo at 四畳半ステージを観ていて、

彼らからケツを叩かれている感じがあって。

 

「おい、頑張れよ!」って言われている気がした。

今年も、その感じがあるのかなーとドキドキしています。

 

 

そして、Damn Drive。

年齢が近いこともあり、関係性も近しくて。

 

もちろん、そこにはバンドとしての尊敬もある。

 

Damn Driveのくさのねフェスのステージは去年も観ていて。

あの熱いステージ、今年も絶対観たいですね。

 

 

――――最後に、くさのねフェス2019へ出演する意気込みをお聞かせ下さい。

 

 

メンバー全員が思っている事として、

去年行われた『くさのねフェス2018』があって、

出演するバンドと、関係してくれている人達の力、全部が運命的に動いていると思うんです。

 

運命的に動いた結果が、またひとつ上の階段にステップアップして、くさのねフェス2019になっていると思う。

 

それは、自分たちが思っているだけでは無くて、

きっとくさのねフェス2019に遊びに来る人も体感できるはず。

 

だから、くさのねフェス2019に来て欲しい。

 

フェスとしての醍醐味はたくさん転がっている。

満喫して欲しいなと思う。

 

ユレニワも、去年よりも絶対良いライブをしなきゃいけないし、

っていうか、絶対良いライブするので。

 

是非観に来て欲しいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

――――ベースの宮下レジナルドから一言

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Halo at 四畳半の白井さんへ!!

 

 

 

 

 

白井さん、

早く髪切って下さいね!

 

 

 

 

【他3名】

バカやろう!

お前、人のアイデンティティに対して何を言ってんだよ!

Twitterブロックされるぞ!!

 

 

 

 

 

白井さん、

早く髪切って下さいね!

 

 

 

 

ユレニワ

 

PROFILE

2016年3月29日(火)
『ユレニワ』誕生

 

2018年5月6日(日)
『JAPAN JAM 2018』にO.Aとして出演

 

2018年8月
2nd Mini Album 『THE VIRGINISM』をリリース
それに伴い、8月上旬〜10月下旬にかけて『JURENIWA IS JAPAN TOUR』を行う

 

2018年12月15日(土)
『MASH FIGHT Vol.7』グランプリ獲得

 

2019年3月29日(金)
千葉LOOKにて初ワンマン『人間やめときな’19』を開催、チケットソールドアウト

 

くさのねフェスティバル来いよ!!

 

 

 

 

シラハタ ノブユキ

 

PROFILE

千葉県佐倉市(志津)にて、今年7月で19年を迎えるライブハウスSound Stream sakura代表のシラハタです!そして、くさのねフェス実行委員会 会長となりました。
市制60周年イベントや、初めての民間の実行委員会主催フェス運営に携わり、今年2回目となる、くさのねフェス2019に向け動き始めました。
佐倉市で産まれたフェスを夏の風物詩にしていくべく、クラウドファンディングにて支援の呼びかけ、活動の必要性を伝えています。

くさのねフェス公式サイト:http://sakura-kusanone.com/ 
くさのねフェスFacebookページ:https://www.facebook.com/kusanonefes/ 
シラハタ ノブユキ Twitter:https://twitter.com/nobu_shirahata

 

 

 

 

 

 

「くさのねフェス」とは?

2017年9月3日(日) に誕生した、千葉県佐倉市初の大型野外音楽イベント。
佐倉市主催、会場は、草ぶえの丘で開催され、準備期間約3ヶ月という過密スケジュールの中、約1700 人の来場者が草ぶえの丘を訪れ、夏の終わりのひとときを全29 組の出演者、出店数30 店舗の関係者と一体となって過ごす、素晴らしいイベントとなりました。
2018年は、有志による実行委員会に運営が移り、規模も拡大して3ステージに42組の出演者が登場。チケット有料化、そしてあいにくの雨模様にもかかわらず、約1500人の来場者が訪れました。

 

そして、今年2019年も開催決定!

 

チケット先行発売はクラウドファンディングで!

※2019年6月26日(水)午後11:00まで

 

 

くさのねフェス2019 概要

日時:2019年8月31日(Sat)
会場:佐倉 草ぶえの丘
主催:くさのねフェスティバル実行委員会
共催:佐倉市
後援・協力:(公社)佐倉市観光協会 / 佐倉商工会議所 / 島村楽器(株) / タワーレコード / ケーブルネット296 / 新星堂 / (株)伊藤楽器 / (株)ふくろうエフエム / bayfm / TSUTAYA佐倉店 / 千葉県商工会議所青年部連合会 / 千葉テレビ放送(株)

クラウドファンディングも実施します!
期間:2019年3月28日(Thu)~6月26日(Wed)
https://readyfor.jp/projects/kusanonefes2019

 

くさのねフェスティバル実行委員会

くさのねフェスティバル実行委員会 事務局
(Sound Stream sakura内)
TEL:043-463-5963(15:00〜22:00)

 

 

 

 

 

あなたの身近な佐倉には、どんなスポットがあるかな?

アイコンをクリックすると、さくらぶの記事に飛べるよ☆

▼さくらぶ マップ はコチラ▼


▼LINE で たまーに 情報をお届けしています。▼

たまーに しか配信しないので、お気軽にご登録ください。

友だち追加

▼取材先を絶賛募集しています▼


シェアする