Og3こと鈴木仁志 病気が教えてくれた、大切なこと

最終更新日

佐倉市で輝いている方をご紹介するコーナー

「佐倉市のヒト!」

 

 

今回は『竹ギター』奏者、舞台音楽の作曲も手掛ける

Og3(おじさん)こと鈴木 仁志 さんをご紹介します!

 

 

Og3こと鈴木仁志

 

 

今回のインタビュアーは

佐倉市出身のシンガーソングライター

清水 裕治さんにお願いしました☆

 

普段はギターを持っている清水裕治さんですが、たまにはペンを持ってもらいましょーーー。

 

若手ミュージシャンが偉大な先輩にインタビュー。

いったいどんな内容になるのでしょうか。

はじまりはじまりーーーーー

 

インタビュアー清水裕治

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私、清水裕治は

『佐倉の音楽に深く関わる人物』の話を聞かせてもらった。

 

 

清水裕治

Og3!!今日はお仕事終わりの中わざわざありがとうございます!

Og3

あっ!もう取材始まるのね!!

清水裕治

あっ!そうです!大丈夫ですか?

Og3

まあ大丈夫。笑

 

 

 

周りの人達からOg3(おじさん)というあだ名で親しまれており、

音楽系萬(よろず)屋としてSAKURAすとりーと奏蘭の『サクラ佐倉』の作詞・作曲、NPO佐倉こどもステーションでのミュージカルの曲提供、そばカフェ3〇1での音響指導など音楽を通して佐倉に貢献をされている方。もちろん清水裕治もお世話になっている。

 

鈴木仁志さんは、どうしてここまで力を尽くせるのだろう?

そんな疑問から清水裕治がOg3の素顔に迫る!

 

 

 



 

 

ゴダイゴの野外フェスでPAを務める

 

清水裕治

この辺の人はみんな音楽のことならOg3に!っていう空気感がありますが、そもそもOg3の音楽の始まりはなんですか?

Og3

幼稚園の時にレコードを買ってもらって、当時大好きだったベンチャーズなんかをたくさん聴いてたね。

清水裕治

まさかの幼稚園の時にベンチャーズ!!

Og3

そう!すごい好きだったよ。

それから楽器も始めて大学では軽音部に入って部活内でバンドで演奏をしてた。

バーで演奏をするとよくチップがもらえて一万円欲しさに津田沼から新宿まで演奏しに行ったこともあった。笑

ブラックセイントっていうライブハウスやゴダイゴの野外フェスでPA(音楽系のエンジニア)をしてたこともあったよ。

 

Og3こと鈴木仁志

 

清水裕治

当時から音楽のことなら何でもしてたんですね!

でも、こんなにいろんなことができるのに音楽で生活することはしなかったんですか?

Og3

飯を食えるとは思ってなかったからね。

結婚をすると同時に音楽でプラプラするのも辞めたよ。

それからは普通の会社員だった。

 

 

 



 

 

病気が教えてくれたもの

 

清水裕治

あれ?でも、そしたら佐倉で音楽に関わるようになったのはいつですか?

Og3

俺一回、うつ病になって職場で倒れたんだよ!

救急車で運ばれて病院に着いたはいいんだけどずっとめまいがして、動けなくなっちゃったの。そこから一ヶ月も寝たきりになっちゃって。

原因がわからなくて院内転科を何回も繰り返して、ようやくうつ病ってわかったの。

この話したよね?

清水裕治

聴いてないですよ!いつも明るいOg3からは想像つかないですし。

 

Og3こと鈴木仁志

 

Og3

当時はいまと雰囲気全然違かったよ。リハビリとか辛かったなあ。その時医者に

「一度コケたところにまた戻ろうとするからだめなの。あなたには他に生きるべき人生があったはず。」

そう言われてなんでもいいから何かしようとしてまた音楽をまたやろうと思ったんだ。

竹ギターはこの頃ネットサーフィンしてたまたま見つけたものだった。

“病気が自分の大切なことを教えてくれたんだ”

清水裕治

そんな経緯があったんですね。驚きです。

 

 

 



 

 

NPO佐倉こどもステーションとの出会い 広がる佐倉の輪

 

 

Og3

その頃、娘がNPO佐倉こどもステーションのミュージカルを作ろう(会)っていうのに応募したんだよね。

前からNPO佐倉こどもステーションでは親子で観劇をすることはしてたんだけど、佐倉市政50周年記念を節目に観るだけじゃなくて自分たちでも活動を何かしようってなって。その中に劇をすることもあがっていてね。娘が通いだして、送り迎えをしているうちにスタッフさんと仲良くなっていって、その中に音楽が好きなスタッフさんがいて意気投合したんだ。そこからミュージカルの話が出てきて、俺も曲を作ることで参加することになったんだよ。

清水裕治

おお!そこから佐倉とOg3の音楽がつながるんですね!

Og3

そうだね。それから草笛の丘で音楽ステージを組んだり、竹ギターでライブしたり…

ストリート奏蘭の「サクラ佐倉」の作詞・作曲は大変だったけど、多くの人に喜んでもらえて嬉しかったなあ。

清水裕治

やっぱりこれからも音楽を通して佐倉に貢献していきたいと思います?

Og3

う~ん…“佐倉に貢献”はちょっと違うなあ。音楽は自由にやれるのが一番いいと思ってる。俺はただ自分の作る音楽で人に喜んでもらえることが嬉しいんだよ。音楽系萬屋って名乗りだしたのも自分が縛られないように自由に良い音楽を作るためなんだ。

清水裕治

そうなんですね。確かにそのほうがOg3らしいかもしれませんね!

 

 



 

 

インタビュアー清水裕治

 

病気と音楽がOg3の人生を変えた

 

その話を僕は勝手に吃音症と音楽で人生が変わった自分自身にも重ねていた。

 

喜んでもらえるものを作ることにこそ喜びを感じる。

僕もそんな素敵な大人を目指して精進せねば!

 

 

 

Og3の作品の一部をご紹介します!!

サクラ佐倉 作詞・作曲

 

 

 

希望と誇りのわかれうた エンジニア

 

 

 

 

 

 

インタビュアー 清水 裕治(シミズ ユウジ)

 

佐倉市出身シンガーソングライター。

 

吃音、いじめ、会社のクビを経験したことから日本社会で生きていく自信を失くし、
自分に自信をつけたくてフィリピンセブ島で路上ライブに挑戦する。

その延長線上でフィリピンセブ島全域で放送されている生放送の番組に出演。
そのことで自信をつけ日本に戻り、吃音という障害を看板に「どもり系アーティスト」と名乗り活動を開始。

テレビ、新聞に取り上げられるが、吃音だけでなく全ての戦う人を励まし、
応援したいという思いから現在は「清水裕治」で活動を続けている。

 

 

▼清水裕治の記事はコチラ▼

 

 

清水裕治 twitter 【@shimii_music】

 

 

▼クラウドファンディングのページ▼

 

 

清水裕治のホームページ


Facebook

 

 

 

今回の取材は

佐倉市ユーカリが丘、そばカフェ3〇1 さんで行いました☆

 

今日も相変わらず、素敵な空間でため息でちゃいました。

 

 

 

あなたの身近な佐倉には、どんなスポットがあるかな?

アイコンをクリックすると、さくらぶの記事に飛べるよ☆

▼さくらぶ マップ はコチラ▼


▼LINE で たまーに 情報をお届けしています。▼

たまーに しか配信しないので、お気軽にご登録ください。

友だち追加

▼取材先を絶賛募集しています▼


シェアする